傷跡や手術痕は大丈夫?真性包茎の手術法を調べてみた。

MENU

傷跡や手術痕は大丈夫?真性包茎の手術法を調べてみた。

真性包茎手術にはいくつかの手術法がありそれぞれに特徴がありますが、最近の手術法はそのほとんどが「亀頭直下埋没法」という手術法をベースにしたものになっています。

 

「亀頭直下埋没法」とは現在行われている手術法のなかで施術回数も一番多くもっともポピュラーな手術法で、亀頭のすぐ下の包皮を切り取り亀頭の淵にあるカリと呼ばれる溝で縫合するという方法で真性包茎を治します。

 

一般的に傷痕や縫合の後がほとんど目立たず、ツートンカラーにもなりにくい、かつ、どこでも受けることができる手術法ですが、医師の腕次第である要素も兼ね備えており、下手な医師の場合きれいに仕上がらないこともあるため、上手な医師にやってもらうことができるかどうかが重要になってきます。

 

また、「亀頭直下埋没法」のように包皮を切る手術法以外に「切らない手術法」というものもあります。

 

「切らない手術法」にもいくつか種類があり、余分な包皮どうしを接着剤のようなもので接合させる方法や、二重まぶたを作るように糸を使って手繰るようにする方法などがありますが、仮性包茎限定の手術法であったりいずれ効果がなくなってしまうものであったりすることも多く、真性包茎の手術法としてはあまりお勧めできません。

 

どのような手術法が適しているのかは自分だけでは判断できないので、まずは信頼できる医療機関を見つけ相談し、自分の状態にあった手術を探すようにしてください。

 

最近は無料相談を行っている医療機関も多くなってきましたので、まずは相談してみることが大切です。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼