包茎サヨナラ。真性包茎を自分で治す方法はある?

MENU

包茎サヨナラ。真性包茎を自分で治す方法はある?

真性包茎は自分で治すことができるのでしょうか?

 

結論から言うと、真性包茎はその状態によるところもありますが、ある程度までであれば自分で治すことが可能です。治す方法にはいくつか種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。

 

自分で剥いて治す

自分で自分の包皮を剥いて治す方法です。

 

誰にも知られることなく、また、お金も全くかかりません。ただし、あくまで素人が行う治療になりますので確実性はありませんしそれなりの時間もかかります。

 

また、無理やり包皮を広げてしまうと裂けて怪我をしてしまったり、裂けた部分から感染症にかかってしまうこともありますので、もっとも注意が必要な方法です。

 

メリット:お金が一切かからない、誰にも知られることがない
デメリット:時間がかかる、確実性がない、危険性が高い

 

包茎矯正器具を使って治す

インターネット等で市販されている包茎矯正器具を使って治す方法です。

 

自分で剥いて治すのと違うのは、包皮を剥くのを自分でやるか、矯正器具を使用してやるかという点で、それ以外は基本的に同じです。そのため、矯正器具代がかかるものの、誰にも知られることなく治療することができますが、危険性が高く、確実性がありません。

 

メリット:誰にも知られることがない、安価で治療可能(数千円〜1万円程度)
デメリット:時間がかかる、確実性がない、危険性が高い

 

包茎手術を受けて治す

病院の泌尿器科や包茎専門クリニックで包茎手術を受けて治す方法です。自分で剥いて治したり、包茎矯正器具を使って治すのとは違い、専門家による手術での治療になるため、確実に治ります。

 

また、包茎専門クリニックでは包茎手術と一緒に「亀頭増大」や「早漏改善」等のオプションもつけることができ、包茎を治療するだけでなく自分の理想とするペニスに近づけることができます。

 

包茎手術で治す際にネックになるのは手術代です。病院の泌尿器科であれば健康保険が適用できるため数万円程度ですみますが、包茎専門クリニックでは安くても10万円前後、高いと30万円程度かかってしまうこともあります。

 

メリット:確実に治る、時間がかからない
デメリット:手術代が高額になってしまうことがある

 

自分で剥いて治す方法や矯正器具を使用する方法のほうが手軽ですが、本気で治療したいのであれば、まずは自分の真性包茎がどのような状態なのかきちんと把握することが大切です。

 

包茎専門クリニックであれば、無料カウンセリングを実施しているところも多いので、一度行ってみて自分の状態や治療方法について相談してみることをおすすめします。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼