真性包茎の包皮を自分で剥くことはできますか?

MENU

真性包茎の包皮を自分で剥くことはできますか?

真性包茎の包皮は自分で剥くことは可能です。

 

まず、真性包茎の包皮を剥くためには亀頭を包んでいる包皮の入り口である包皮口を広げる必要があります。人差し指などで包皮口の周りの包皮を少しずつ外側に広げていきます。

 

そして痛みを感じることのないギリギリのところまで包皮を広げたらその状態をできるだけ長く(5〜10分程度)維持してください。この時、無理やり広げてしまうと包皮が裂けてしまったり、そこから病気に感染してしまう可能性がありますので、ゆっくり慎重に行ってください。

 

これをできる時間を見つけて繰り返し実践するようにします。数回実践しただけではあまり効果は見られませんが、包皮はその名のごとく「皮」なので長期にわたり何度も広げる事によって包皮口を少しずつ広げることができます。

 

ただ、この方法はゆっくりと包皮口を広げていく方法なので非常に時間がかかりますし、包茎手術と比べると確実性が低い治し方です。

 

また、包皮口が全く開いてない状態や亀頭と包皮が癒着してしまっている状態の場合、無理やり剥こうとすると出血してしまうこともありますので、真性包茎の症状によってはやらないほうが賢明です。

 

お金がかからないですし、誰にも知られずに治療できる方法ではありますが、大きなデメリットを伴う治し方と言わざるを得ない方法なので、真性包茎をちゃんと治したいと本気で考えているのであれば、医療機関での確実な真相包茎手術を受けるようにしてください。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼