真性包茎

MENU

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼

真性包茎手術って健康保険は適用されるの?仮性包茎の場合手術に健康保険を適用することはできませんが、真性包茎の場合受診する医療機関によっては健康保険を適用することができます。そもそも仮性包茎、真性包茎どちらも医学用語ではありません。国際的な医学用語としては「包皮口が狭い、または癒着のため内皮の翻転ができない」状態のことを「包茎」という病気として定義しています。そのため、包皮を剥くことができる仮性包茎...

真性包茎の包皮は自分で剥くことは可能です。まず、真性包茎の包皮を剥くためには亀頭を包んでいる包皮の入り口である包皮口を広げる必要があります。人差し指などで包皮口の周りの包皮を少しずつ外側に広げていきます。そして痛みを感じることのないギリギリのところまで包皮を広げたらその状態をできるだけ長く(5〜10分程度)維持してください。この時、無理やり広げてしまうと包皮が裂けてしまったり、そこから病気に感染し...

真相包茎にはいくつかの治し方や改善方法があり、種類やそれにかかる費用や期間も様々です。代表的な治し方として、真性包茎手術を受ける方法や真性包茎矯正器具を使用する方法があります。まずは「真性包茎手術」について。医療機関によって手術を行うこの方法のメリットはほぼ確実に真相包茎を治療することができるという点です。信頼のおける医療機関で適切な包茎手術を受ければ傷痕もほとんど残りませんので、確実性を求めるの...

真性包茎は自分で治すことができるのでしょうか?結論から言うと、真性包茎はその状態によるところもありますが、ある程度までであれば自分で治すことが可能です。治す方法にはいくつか種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。自分で剥いて治す自分で自分の包皮を剥いて治す方法です。誰にも知られることなく、また、お金も全くかかりません。ただし、あくまで素人が行う治療になりますので確実性はありません...

真性包茎手術の口コミ・評判・体験談です。せっかく手術を受けるのですから、自分の納得のいく手術を受けるためにも手術を受けた先輩たちの体験談などを参考に、真性包茎手術とはどういったものなのかしっかりと事前に把握しておくようにしましょう。口コミ・体験談1私は当初包茎手術なんてどこで受けても一緒だろうと思っていましたが、知り合いに美容整形関連の仕事をしている知人がおり、その人の勧めでできるだけ実績が多い包...

真性包茎手術にはいくつかの手術法がありそれぞれに特徴がありますが、最近の手術法はそのほとんどが「亀頭直下埋没法」という手術法をベースにしたものになっています。「亀頭直下埋没法」とは現在行われている手術法のなかで施術回数も一番多くもっともポピュラーな手術法で、亀頭のすぐ下の包皮を切り取り亀頭の淵にあるカリと呼ばれる溝で縫合するという方法で真性包茎を治します。一般的に傷痕や縫合の後がほとんど目立たず、...

海外では宗教上の理由などから包皮などを切除する「割礼」と呼ばれる包茎手術のようなものを幼少時に実施する習慣があります。日本にはそのような習慣はありませんが、未成年の大学生や高校生であったとしても、真性包茎の手術は可能です。しかし、未成年の場合、身体が成長する過程で真性包茎が改善される可能性があるため、医療機関によっては早急に手術が必要な場合を除き積極的に医師が包茎手術を行おうとしないケースもあるよ...

真性包茎手術を受ける場合は、病院の泌尿器科で受けるか、包茎専門のクリニックで受けるかのどちらかになります。まず病院の泌尿器科で手術を受ける場合、「病気の治療」という名目での手術となり健康保険を適用する事ができるため、手術費用を大体数万円程度に抑える事が可能です。ただし、泌尿器科での手術目的はあくまで真性包茎を治療・改善する事であり手術後の見た目はあまり配慮されない事も多く、傷跡が目立ってしまうケー...

真性包茎でもセックスをすることは可能です。ただし、真性包茎の場合、包皮を剥くことができないため亀頭を洗うことができず垢などがたまっており、不衛生な状態になっています。この状態でセックスをすると女性の婦人病、性感染症の原因になったりすることもありますので、必ずコンドームを装着するようにしてください。また、真性包茎はコンドームの装着自体がなかなか難しいので、いざセックスの時に手間取ることがないように何...