仮性包茎は自己治療できる?自分で治す方法を調べてみた

MENU

仮性包茎は自己治療できる?自分で治す方法を調べてみた

包茎を直したいと願うのは、男性の多くの望みであります。しかし、手術をしなければなかなか治るものではありません。仮性包茎の場合であっても直すためには手術しかないといいった考え方が定着しています。

 

しかし、実際にそうでしょうか。実は、仮性包茎を治す方法もいくつか考えられているのです。それらを実践することで、包茎が治ったとしている方も少なくありません。ちょっとだけ亀頭に皮がかぶっている状態であるなら、十分に自己対策でも治すことは可能です。

 

■トイレに行くたびに皮をむく事

 

・むき癖をつける!

 

亀頭に皮が到達していない状況を作り出せばいいのです。いわゆる、むき癖をついけることが重要になるので、定期的に皮をむくようにしましょう。主にトイレに行った時や、お風呂に入った時に向くようにすると、自然とむき癖が皮に付けられて、戻りにくくなります。皮のサイズが短くなったわけではありませんが、普段から向けている状態になるので、仮性包茎の状態は脱することができます。

 

■器具を使う

 

・ビガーパンツを利用する!

 

ビガーパンツ緒は一般のパンツに見えますが、中にはリングが装着されています。そのリングにペニスを通して、むけている状態を続けられるようにする器具です。それほど高く売られているわけではないので、思ったよりも簡単に導入できます。しばらくは不自然な状況が続きますので、その期間を耐えることが必要です。慣れてくれば特に不自然さは感じなくなりますよ。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼