割礼って何?仮性包茎の治療法に関する豆知識

MENU

割礼って何?仮性包茎の治療法に関する豆知識

仮性包茎はなにも日本人だけの悩みではありません。基本的に人間は包茎なのです。皮がかぶっていて当たり前というわけですが、実はそれがリスクを高めることもあります。垢がたまりやすく、雑菌が繁殖しやすいといった状況を生んでしまうのです。

 

そんな状況はなんとかして避けなければなりませんよね。

 

そこで日本人の場合は、包茎手術を受けて対策とするのです。しかし、海外の場合は、包茎手術をうけるケースは少ないです。いわゆる、割礼といった風習があるのです。簡単にいってしまえば包茎手術ですが、子供のうちに包茎手術を受けさせてしまうといったものです。

 

■割礼の歴史について

 

・紀元前から行われている

 

エジプトやエチオピア発祥ではないかと言われています。紀元前5世紀ごとに行われているとの記述も歴史書の中に見えます。いまから2400年から2500年前の事です。

 

■割礼の現状

 

・キリスト教
・ユダヤ教
・イスラム教など

 

以上の宗教がある地域では勝つ例が現状でも多く行われています。アメリカは、1990年代まではほとんどの男性が勝つ例を行われたとの報告もあります。最近では減少傾向ですが、それでも半分以上の男性は割礼を受けているとの情報もあるほどです。

 

■割礼の意味合い

 

・衛生上の問題

 

以前は衛生上の問題で行われていました。しかし、医学界でもそれほど衛生上の問題はないとされ始めており、その影響を受けて割礼の儀式が減少している地域もあります。

 

・性病を防ぐ

 

割礼をうけることで性病を防ぐことができるのは大きなメリットです。実際にかかる確率が減るとの報告もあるので、このメリットは現状でも大きいです。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼